K.Country情報板

98429
 

出ましたねぇ! エンジェルアイ

2018/05/16 (Wed) 20:00:39

BG-120・・・殆ど幻に近いギターと思いますが出ましたねぇ。
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/u198336936

Re: 出ましたねぇ! - ミッキ

2018/05/17 (Thu) 09:29:40

この120、名古屋の楽器店から15万で
Jギターに出てたものです。
電話で問い合わせしたのですが、お店
の方が今ひとつ懐疑的な返事で購入を
やめました。

Re: 出ましたねぇ! - じー、

2018/05/17 (Thu) 20:09:15

トップの塗装、酒でもこぼしたんですかね?

Re: Re: 出ましたねぇ! - ミッキ

2018/05/17 (Thu) 21:14:35

楽器屋さんが言うには溶けてるらしいです。
さらにブリッジにかなり傷が付いてるらしいです。
どんな使い方をしたんだろ?

Re: 出ましたねぇ! - 通りすがり

2018/05/18 (Fri) 09:43:37

突然の乱入で申し訳ありません。

この出品者、文字通りかなり「アコギ」な事してますよ。あちこち格安で即決交渉していて(質問欄を見ると、毎回同じ文言で書かれているので分かります)、「大切にしますから何とか!」と言われ、信用し応じてしまったのが悪かったのですが10万円で譲ったギターを到着3日後に20万円で出品されました。(特定されると嫌なので、金額は多少変更して記載してますが、おおむねこれぐらいの価格差がありました)

転売自体は購入者の自由なのですが、質問欄からの即決&値引き交渉が成立した場合の転売はやはりマナー違反だと思います。少なくとも、もう少し期間を置くとか、出品者心情も考えてほしい。

BG-120は低価格スタートですが、レアギターなので入札が伸びて高くなると踏んでいるんでしょう。こういう事を経験すると、少なくとも自分自身は人間として失っちゃいけない部分を大切にしなきゃなと思いますね。

ちなみにジャパンビンテージが異常に高値で取引きされていた一頃に比べて、今は価格も落ち着き価値相応で取引きされているのを見て、「転売屋ざまぁ!」と密かにほくそ笑んでいるのは内緒です(笑)

ギターそのものと関係ない話で、板汚しをしました。
失礼致しました。

Re: 出ましたねぇ! - E-

2018/05/18 (Fri) 21:24:15

オークションの質問への返答で、弦高などの質問にだけ答えないのが非常に気になりますね!(笑)

Re: Re: 出ましたねぇ! - ミッキ

2018/05/18 (Fri) 21:24:34

このギター、名古屋の楽器店から
15万で出たものですから、あまり利ざや出なかった
みたいですね。(笑)

Re: 出ましたねぇ! - 通りすがり

2018/05/19 (Sat) 09:20:49

いくらレアギターといえ、BG-120程度のものが15万以上の値付けでも最落を上回らないなんて、どれほどがめついのでしょうね。

恐らくこの出品者が入手した金額は10万以下ですよ。

長くオークションを見ているので分かりますが、このギターの状態であれば本来の落札価格はせいぜい120,000円前後といったところでしょうね。
一部の熱くなったマニアの方が150,000円で入札してしまったか、自演で入札したか分かりませんが、今の市場の落ち着きからいって150,000円は無いと思います。

あくまでも「落札価格では」という意味ですが、かつて最高値を極めていたS.yairiのYD-308でさえ、全盛期の80万超えから30万円台にまで落ち込んでいます。

ファンサイトでこんな事を書いたらご気分を悪くされるかもしれませんが、春日楽器製のギターで今150,000円以上で落札されるとすれば、BG-150かオール単板バージョンのHC-1500ぐらいではないでしょうか。

ただ、強く申し上げておきたいのは、私が言っているのはあくまでも現在の市場を鑑みた「落札価格の相場」であって、音の評価ではありません。
かなり昔になりますが、BG-100のハカランダものを弾いた事があります。まろやかでありながらハリがあって腹にズンズン響く本当に素晴らしいギターでした。
ジャパンビンテージでも素晴らしいものがあるんだなという事を教えてくれたギターの1本です。

ヤマハは好みが分かれるところかもしれませんが、70年代の春日楽器、多満楽器、ヤマキの上位機種は他の国産メーカーを遥かに凌駕していたと思っています。

大量生産メーカーでなければ、カワセ楽器のハカランダもののマスターは凄いです・・・。
私はハカランダ信奉者ではありませんが、シリアルがほんの数番しか違わない、材質がハカランダかローズウッドかの違いしかないマスターを所有していましたが、圧倒的にハカランダギターの音が素晴らしかったです。

マスターの音を聴いて、ハカランダを上手く使える製作者と使えない製作者がいる事を認識しましたので、私にとっては本当に貴重な体験でした。

ジャパンビンテージギターのファンサイトが次々閉鎖されて久しいですが、寂しい限りですね。
要因の1つには、特定の1社のファン・・・つまり、ギター愛好者の中から更にメンバーを選定するシステムがあると思います。
こちらのサイトでは基本的に春日楽器製のギターの話題が中心ですし、以前に存在していたキャッツ・アイのサイトであればキャッツ・アイの話題がほとんどでした。

70年代に相当数存在していた国産ギターメーカーを1社単位に細分化すれば、それぞれの使用者数は当然限られてきます。
必然的に新規メンバーはなかなか増えず、たまに古参の方々が発言するぐらいのサイトになってしまいます。

私にもし技術と豊富な知識があれば、「国産ギター」と一括りにしたサイトを作ります。
そして、そのサイトの中に「国産ギター全般の話題」、「春日楽器の話題」、「ヤマキの話題」、「ジャパンビンテージカタログ」、「当時の製作者によるよもやま話」・・・と色んなコーナーを作ればいいのです。

そうすれば、メーカーに関係なくジャパンビンテージを使っている人全員が入ってきますし、メーカーに関係なく「国産ギター」についての情報交換ができると思います。

誰か作ってくれないかな・・・。

名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.